プロ野球の試合の情報

プロ野球はスポーツの中でも特に人気があるので、その試合情報についてはインターネットの多くのサイトを利用することができます。例えば球場に行きたい場合は、日程や球場へのアクセスの仕方、チケット料金などは簡単に調べられますし、自分が見たいと思っているチームのプレーなどについては、実際に見て来た人の口コミなども読むことができます。

また、試合結果についてもマスコミ関係のサイトを見れば、点数やチームの勝率などがすぐに分かるので、非常に便利です。そして、そのような一般的な情報ではなく、裏の情報についても知りたいと思う場合は、野球やスポーツに関する数多くのサイトの中から、プロ野球ファンとして自分が興味を持てるようなことを書いているところを選ぶようにすると良いでしょう。

また、スポーツ新聞や雑誌などの場合は、素早く情報を与えるという点ではネットのサイトほどではなくても、時間がかかる分だけその試合や選手に関して、裏側の出来事などを独自の視点から取り上げて読者に読ませることができると考えられます。ですから、プロ野球に関して表も裏もいろいろと知りたいと思う場合は、一般的なことがすぐに分かるサイトと、さまざまな視点から一般的には知られていない点について読み応えのある書き方をしているようなサイトや雑誌などの両方を探しておくことをお勧めします。

おすすめサイト→プロ野球マニアにオススメのブックメーカー

試合

プロ野球の情報窓口

窓口

プロ野球は、長年にわたり日本のスポーツ界の頂点に君臨してきた実績を持つのですが、リーグをまとめる組織に関しては、責任の所作が曖昧で問題が発生した時に事態を収拾する能力が足りないと指摘され続けてきました。そんな中、2012年に設立されたのが、元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人「日本野球機構」です。

この日本野球機構が行っている業務は、プロ野球における最高のイベント「オールスターゲーム」と「日本シリーズ」の開催、近年ドル箱興行として重要視されている「WBC」などの世界大会への日本代表の編成及び派遣、ドラフト会議の主催などです。

さらに、試合の日程や公式戦の結果、個人成績や記録などの情報を発信しており、プロ野球ファンに対しての窓口としての役割も担っています。また、公式サイトでは意見箱の様な専用フォームも用意しており、ファンからの希望や要望に対応する環境を整えています。

なお、日本野球機構では毎年スローガンを制定して公表しています。具体的には、第1回のWBCで優勝した翌年の2007年には、「すべては歓声のために 世界一からの挑戦」で、第2回大会に優勝した翌年の2010年は「ここに、世界一がある。」でした。そして、2017年のスローガンは、前年と同様に「野球の夢。プロの誇り。」です。

野球ボール

プロ野球の巨人情報

巨人

日本プロ野球を代表する球団のひとつが巨人です。現存する12球団の中で最も歴史が長く、過去22回の優勝を誇ります。表の情報だけなら日本プロ野球界においてトップに君臨する球団と言っても過言ではありません。しかし、そんな球団ですが裏の情報もまた凄いのです。最近では一場事件が有名です。一場事件とは2004年ドラフト自由枠で当時明治大学の一場靖弘の獲得を目指していた複数の球団が現金を渡していたのです。

この事件に巨人も関与しており、現金を渡していたのです。2003年12月から約7カ月にわたって一場靖弘に対して食事代や交通費の名目で総額200万円を渡していたのです。ちなみにこの問題では横浜ベイスターズと阪神タイガースも関わっていました。また、野球賭博問題でも話題になりました。

野球賭博問題については2015年から2016年にかけて発覚しています。笠原将生や福田聡志、高木京介らが野球賭博に関わっていたことがわかっているのです。この野球賭博問題はプロ野球を揺るがす大事件でした。これにより巨人は2015年には制裁金1千万円、2016年には制裁金5百万円をNPBコミッショナーから処分を受けています。プロ野球の裏でもトップに君臨しているのです。

整列

プロ野球楽天の情報

日本のプロ野球でパ・リーグに所属している球団のひとつが東北楽天ゴールデンイーグルスです。この球団の誕生は日本プロ野球において重大な問題が関わっています。今回はそんな球団の誕生の表と裏の情報を紹介していきます。球団ができたのは2004年です。この年はパ・リーグの大阪近鉄バファローズとオリックスが合併することが表沙汰となり、プロ野球再編問題が起こった年です。

このプロ野球再編問題は選手にまでも影響を及ばして試合のストライキが起こるほどでした。しかし、この問題により新しく球団が創設されることになり誕生したのです。つまり、東北楽天ゴールデンイーグルスが表の世界に出るためには、さまざまな問題が起こっていたのです。また、実は同時期にライブドアがライブドアベースボールの加盟申請を行ない球団創設を検討していました。

しかし、プロ野球オーナー会議において参入が認められたのは東北楽天ゴールデンイーグルスだけなのです。これは経営状況などが加味された結果だと言われています。表の舞台に立った球団ですが創設当初は暗黒期です。2005年の球団初シーズンは38勝、97敗と最低な成績だったのです。それからは徐々に成長しいまのように輝かしい球団となったのです。

楽天